スタッフのひとりごと

2015.06.11

Sami,ふる里を見なおす旅。

IMG_0537        オーストラリアでもなく、アジアの小さな村でもなく、アフリカの裸族でもない。。。。。。

(SamiはいつもそーゆーBlogばっかり書いてるので、よかったらそっちもどーぞ。)

今回は、私のふる里、多可町の周辺をまわってきた。

いつも、よく通る道や近くに住みながら初めて通る道、初めて行く場所、 改めてじっくり見てみれば、新鮮で、もっと好きになった。

豊かな自然に囲まれて、ゆ~っくり宿泊していただいて、 おいしいご飯を食べて、
エネルギーが満タンになったら出かけたい!
そんな所を紹介します。

第1番の旅はエーデルの西側。 28

多可町八千代区を抜けて市川町→神河町→朝来市→丹波市→ただいま多可町のルート。
edel 14:30  エーデル出発!!

↓   約10km       (約15分)

IMG_0533 リフレッシュパーク市川 到着!!

多可町のお隣さん、市川町にある「リフレッシュパーク市川」
THE・夏! KING OF 昆虫!
そう、カブトムシと触れ合える、“かぶとむしドーム”があるんです!

Samiが行ったのは5月中旬、残念ながらまだかぶとむしには早すぎた。。。。
そのカブトムシドーム6月27日からOPENするんです!

 

かぶとむしやクワガタと触れ合えて、さらに展示室、昆虫グッズや昆虫図鑑などをそろえた図書館あり!

日本中の子供たち。
これで自由研究は1日で終わる!
後は・・・・・・

遊べぇー!!!

リフレッシュパーク市川について、
詳しくはこちら↓
http://rp-ichikawa.com/
IMG_0535

↓  リフレッシュパーク市川から(約2km)約3分

IMG_0539 せせらぎの湯 到着!!

エーデルから車で約20分。
とっても近く、気軽にいける温泉。

少し高い丘の上にある露天風呂からの眺めを楽しんで、
季節をゆっくり感じたら、
日頃の疲れもふきとんで、心も体も一回リセット。
IMG_0541 売店には、新鮮な野菜と。

IMG_0569 靴下!!!!!!!

IMG_0545
せせらぎの湯には、
なんと。。。。

足湯につかりながらお食事ができる喫茶店があるんです。。。

IMG_0543 こんな感じで、足元に足湯が流れてます!
ほっこり、お友達や家族との会話もとまりませんねぇ。

あと、温泉水(入浴用)を持ち帰れるように温泉水の自販機があったり、
陶芸もできるみたい!

気になるものが多いなぁ~
詳しくはせせらぎの湯のHP↓
http://www.seseraginoyu.com/index.php

IMG_0567

↓     せせらぎの湯から 約18km     約40分
↓    行き道で平日にもかかわらず青空市をよくやっていたなぁ。

IMG_0578 ヨーデルの森 到着!!
 ヨーデルの森といえば。。。。
そう!
IMG_0627

アルパカ!!!!

この子達、ムクムクでフワフワで触れると手がすっぽりと
腕まで毛の中に入ってしまう。。。

この感覚、触った人にしかわからないだろーなぁ。

南米に、アルパカを見に行くのはいいけど、、ちょっと遠い。。。
そんな方にもってこい!

ここでは100円玉が重宝します。
IMG_0604

各動物の家の近くに、動物に直接えさがあげられるように、
餌の入ったガチャガチャがおいてあるんです。

アルパカはもちろん、
IMG_0611 カンガルー!
DSC_0215 ダチョウ!
IMG_0601 カピパラ。

もっともっと、もーっといます。

他にも、ドッグショーやバードショー、
パン、アイスクリーム、ピザ作り、クラフト体験などのワークショップもあり!
一日中遊べます!

ちなみにここのアルパカは   IMG_0623 つばを飛ばすことがあります。

ポニーの乗馬、IMG_0609 怖がる人は乗れません。

ご注意。

いろいろできて、見て、触って子供はうれしいだろうなぁ。
大人のSamiでも楽しかったもん!

なんせ、動物が本当に近いんです!

ヨーデルの森HPはこちら↓
http://www.yodel-forest.jp/experience/experience.php?cid=1

IMG_0596


↓    ヨーデルの森から(約10km)   約15分。


IMG_0638 銀の馬車道 到着!!

銀の馬車道とは、別名“生野銀山道”とも呼ばれ、明治の初めごろ、
生野銀山から飾磨津(現.姫路港)までの約49kmを結んだ道。

ヨーデルの森から生野銀山へ行く途中に、ちょっと寄り道。
朝来市 生野町口 銀谷の街の中の1ストリート。

一歩入れば、昭和で古い建物が並ぶ。

IMG_0674 IMG_0668 IMG_0676 IMG_0636 IMG_0647 IMG_0675

この通り、古い町屋を利用したギャラリーやお店もあって、IMG_0656 IMG_0655
ふらっと歩くのが楽しい♡

ちなみに、
毎年9月の第4日曜日には、銀谷祭りというお祭りが開かれ、
駄菓子や昔の高山食堂のメニューが食べられる屋台が並び、
昔の鉱山町のにぎわいが再現される。

詳しくはこちらのHPから↓
http://www.ikuno-kankou.jp/

IMG_0662

↓   生野町口、銀谷から 約6Km (約10分)

IMG_0682 生野銀山 到着!!

ゆっくり見たいところが多くて、結局生野銀山に到着したのが 17;35 頃。

この時期の生野銀山の閉館時間が、17時半までだった。。。。
なので中は見れなかったけど、どんな所なのか、Samiなりに調べてみた!

生野銀山のすごい!をいっぱいみつけた。
すごい1.この銀山戦国時代から開山され昭和48年の閉山まで約1200年の歴史!
ここでは江戸時代から近年までの採掘の進歩を見学できるらしい。

すごい2.1000mの坑道内コースを実際に歩くことができ、中の気温は
年中13。夏は薄いジャケットあったほうがいいかもね。

すごい3.総延長350km、地下800mの深さ。
これは東海道新幹線 大阪から静岡近くまでの距離に匹敵!

行って、見て、触ってみて、ぜひこのすごいを
時間に間に合わなかったSamiの代わって体験してほしいなぁー。

詳しくは、銀山のHPで↓
http://www.ikuno-ginzan.co.jp/

さて、帰りに生野銀山から車ですぐ、銀山湖に寄って、
IMG_0699

帰り道。

これがまたすごい!!

Sami的には今日一番のアトラクション!
細くて、グニャグニャの林道を走る。

IMG_0719

でもこの大自然に突っ込んでいく感じが、大好き。

暑い夏に足をつけて涼めそうな、川を横目に、
小さな村を超え、また大自然に突っ込んでいく。

ツーリングや自転車で走ってもきもちいいやろうなぁ。

IMG_0574

そして多可町、加美区。
Samiのふる里。

田んぼに、古民家、山と川。
また、田舎の良さを再々確認。

幸せ者だなあ。

ここで生まれて、育って。

 

そーんな感じで、生野銀山から 53km (約1時間)。

ただいま、森のホテル。
エーデルささゆり。

edel

以上、Samiのふる里を見直す旅。多可の西編でした。
ちょっとでも気になった方、まずは森のホテルとレストランエーデルささゆりへ、
ぜひお越しください。

待ってます。

Sami

(注:距離や時間はだいたいの目安です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です