スタッフのひとりごと

2014.11.03

愛想笑いをしない人達。SAMIより。

DSC05388タイから歩いて国境を超えて、乗車率120%のギュウギュウオンボロバスに乗った。
ここはミャンマー。

外国人の陸路での入国は去年の8月から許可されたばかり。
情報も無く、いったい目的地まで何時間かかるのかもさっぱり不明。
人に聞いても12時間や、24時間や。。。答えがバラバラ。

ガタガタ道を行くこと約12時間。
バスは深夜のヤンゴンに到着した。

DSC05422

ヤンゴンはミャンマーで一番大きな街。
思っていたより全然大きかった。

DSC05621

絶景の中をドンドン行く電車。
線路が古くって、時々びっくりするぐらい揺れる。

DSC05616
どの駅にも、食べ物を売るおばちゃんが登場する。
頭の上の商品を、乗客は窓から買う。

DSC05652

牛が優先の道。

DSC05634
主婦の見方。
移動式スーパーマーケット。
DSC05429

道端のカフェでコーヒー。
DSC05467

何百人もの僧侶が暮らす、お坊さんの僚を訪ねたり。

DSC05394
噛みたばこを噛む男たち。
これは噛たばこ屋さん。
そっこら中にある。
葉っぱにいろんなものを包んで、クチャクチャ噛むタバコ。

DSC05717

タナカと呼ばれる、日焼け止と美白効果とおしろいの効力を併せ持ったスーパー植物を売る女。
おばちゃんのほっぺに塗ってあるのがそれで、おばちゃんが売っている木が原料。
いい匂いがする。
ほとんどの女の人がこうやってほっぺに塗っとる。

ミャンマーに来てすぐの時からずーっと思いよった事があった。
それは、

「ミャンマーの人ってかっこええな。」

何でか、何でか。

って思いよった。

それは、ミャンマーの旅が終わりにさしかかる頃、
ヤンゴンで泊めてもらった日本人の方、H氏と話しよって分かった。

「ミャンマー人って愛想笑いせーへんからなぁ~。」

って、H氏が言った時。

あぁ、それや。って思った。

面白いことがあったら、ワッハッハーって笑うのに、
その、愛想笑いってものは一切ない。
客商売でも、お客さんに対してニコニコなんかせーへんし、お客さんもそんな事気にせーへん。

体の不自由な人を真顔で助けた後、真顔で鼻くそほじったり。

バスの荷物入れからドロドロになって出てきたSAMIのバックパック、またドロドロのタオルでゴシゴシ拭いて、更に汚れたまま、はいって。悪そびれた顔もせず。

どうやってこの感じを伝えたらいいのか分からへんけど。

全然、着飾らへん雰囲気。

そんなミャンマーの人、かっこいいと思う。

DSC05548
 

愛想笑いをしない人達。SAMIより。 への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です