スタッフのひとりごと

2016.09.27

samiの目のコーナー「でっかいなーやっぱ、中国! Sami2回目のChina!」

1

 

5か月のインド生活の後、やってきたのは、

2回目の中国!

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の中国のことはブログでも書いたけど、

Samiの中国のイメージが180度変わった旅やった。

やっぱ、この目で見てみな何でも分らへんもんや。

 

今回は前回よりも長く滞在する予定でVisaもとって

チベット文化とシルクロードをテーマにと思ってやってきた。

 

まぁ、まぁ、いつも通り、

人の家に泊めてもらうのだけど。

 

3

 

初日から中華攻め!!!

 

4

 

料理大好きなお父さんが腕をふるってテーブルいっぱいのご馳走を作ってくれた。

インドではカレーばっかやったSami(カレーもおいしかったけど)

もー、お箸が止まらへん。

 

お腹はパンパンやのに…手が………。

 

それからも、まぁいろんな人に出会っては、

「まぁ、ランチでも一緒に。。。」

 

5

 

とか

「友達と晩御飯食べるから一緒に。。。ついでにカラオケ!」

 

6

 

とか

「今日は私の誕生日やから、料理を囲んでパーティー!」

 

8 7

 

とか

 

たまに泊まるユースホステルでは、

たくさんの中国人の学生の中にジャパニーズ一人で、

みんなが日本食食べたいと言うものやから、Samiが日本食2皿作ったら、

みんなが6皿ぐらい中華作ってくれて。

それが毎晩続き。

 

9 10

 

さらに、昼はその土地の名物を食べに行くぞって、みんなで出かけ。

 

14 13 12 11

 

夜はナイトマーケットに出かけ、

アイスを食べる。

16

15

 

このアイスもおじさんが一生懸命練ってくれたやつ。

ミルキーでおいしい!

17

 

市場で10kg以上あるスーパーサイズのスイカ(120円!!!)

を買ったり、

 

18

 

道端で5個で100円で売られるでっかいメロンを買い占めて、

夜な夜なみんなで食べたり。。。。

 

19

 

チベットの近くではヤク(この黒い毛の長い牛!)

 

20

 

の肉にかぶりつき、

〆はチベッタンのお菓子とバター茶。

バター茶は、塩の入ったミルクティーにバターを溶かしたお茶。

 

21 22

 

杏仁豆腐に

23

 

チーズにジャムを乗せて焼いたのや

24

 

中が緑色のスイカに

25

 

ヤギの蹄のスープに

26

 

いやいや、

ほんとによく食べた!

 

そんな中華食べまくったSami

「何が食べたい?」

って聞かれたら、真っ先に頭に浮かぶ一品がある。

 

それは前回中国に来た時から変わってない。

 

山椒のピリッときいた本場、四川のマーボー豆腐も、空芯菜をニンニクと一緒にさっと炒めたのも、もちろんチャーハンも肉まんも、おいしいんやけど。。

 

でも、一番は絶対これ!!

 

27

 

『西紅柿炒鶏蛋』

“西紅柿”でたぶんトマト、”鶏蛋”で卵。

 

そう、トマトと卵を炒めたやつ。

これが、シンプルやのにめっちゃおいしい!!

ほーんまに!!ほーんま!

 

そして、みんな(出会った中国人たち)も大好きな家庭料理。

「これが好き。」

ってゆったら

「お前、わかっとんな~。」

って言ってくれる。

 

そう、今回の旅は、

出会いから始まって、

そして、大量の中華を目の前にワイワイやるって流れ。

そして、満腹で。

お腹も、心も。

 

 

そして、今回は夏休み中やったこともあって、

中国の大学生の友達がいっぱいできた!

そして、アドベンチャー好きな彼ら。

テントを担いで何日も山の中を歩いたりする彼ら。

いっぱいパワーをもらった!

いっぱい助けてもらった!

 

28

 

そして、漢字が書けてよかった!

中国語が話せなくても、漢字がある!!

 

Samiのメモ帳はもう、漢字と中国語だらけ。

筆談でいろんな人と喋った。喋った??

 

その中にお気に入りの一文がある。

雨の中歩くSamiを車に乗せてくれたおじさん2人と筆談で会話をしていた時の事。

 

「政府是政府問題、但人民是人民。。。」

ここまで書いてSamiの顔をみたおじさん。

 

Samiは迷わず、その横にこう書いた。

「朋友!」

 

「中国と日本、両政府の間にはいろいろ問題があるけど、

日本人と中国人、人と人とは、、、」

 

「友達!!」

 

そう、だれもかれも。

出会って、一緒に座って、話して、ご飯食べて。

 

そしたら、

みーんな友達!!

 

29

 

世界はそうやって繋がっていけるはず。

 

これからも、Samiはこうやって世界と繋がっていく!

 

30

 

 

ありがと、China!

それと、ごちそうさまでした。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です