スタッフのひとりごと

2016.02.20

Samiの目のコーナー 復活。

Sami&T姉☺ In 台湾

写真1

 ニュージーランドにいる時から来たかった。
台湾。

理由は単純。

台湾人の友達、レオに会ったから。
いっぱい笑って、料理したり、真剣に話したり。
何回も、何回も助けてもらった。

会いに行こうと思った矢先。
レオはあっけなく天国に行ってしまった。
台湾に行くのもやめた。

それから、約2年。

なんだかんだで、今回の出発を台湾に決めた。
しかも、エーデルのT姉と一緒に。

行く前から、
「小籠包は一日2回食べる」
「足つぼマッサージで、痛い!痛い!ってやりたい。」
「シャンプーしてもらって、髪の毛ピンって立ててもらって 、(台湾ではそんなシャンプーが人気。)
写真とる」
「朝ごはんはこれ!」
「ここも、あそこも行きたい!」
「お土産はパイナップルケーキ!」

盛り上がる、盛り上がる。

当然、到着してすぐにしたこと。

小籠包を食べに行く事。。。。

写真2

2日目はSamiがラオスで出会った、台湾人のゲン君に再会。

写真②

夜の台北を一緒に歩いた後、ゲン君(日本語ペラペラ。)の家に一泊。

ほとんどの食事を外で食べるらしいゲン君の家は、生活感がまったくないし、物が少ない。
それぐらい台湾は外食が安くて、便利で、美味しい。

いつもは早く寝るというゲン君のお母さんは起きて待っていてくれて、
日本から来た、見ず知らずのSami達にお茶とか、大量のフルーツとかを出してくれた。

次の日の朝、お母さん行きつけの朝ごはん屋さんに連れてってくれて、
いろんな種類のヌードルとかサンドイッチとか、ごちそうしてくれた。

ゲン君のお母さんは、強くて優しい「THE・母ちゃん」
その優しくて気遣いが出来るところ、ゲン君にもちゃんと引き継がれとる。
見とってほんわかする親子。

写真3

シャンプーもマッサージもとろけるぐらい気持ちよかったし、

(T姉はマッサージ延長。)

足つぼで体の悪いところ教えてもらったし、

(めっちゃ喉と肩 ってゆわれた。T姉は運動不足ってゆわれよった。)

臭豆腐(臭い豆腐、台湾名物)も食べたし、(臭いけど、食べれる。)

写真4

フワフワのかき氷は絶品やったし、(ほんま、すごい、フワフワ!)

写真5

小籠包もたくさん食べたし、(3日目ぐらいから口が受け付けなくなった。)

それによく2人で笑った。しかも大爆笑。(ここに限らず、よくあるけど。。。)

写真6

思ったことは。
ゲン君達もそうやったけど、
道に迷って地図を広げる度に、さっとやって来て道を教えてくれたり、
駅で切符の買い方とか全然分らんとおったら、通りかかったお兄さんが切符の買い方を教えて くれて、
ホームまで連れて行ってくれたり、
売り物のフルーツを持って行きってくれたり。

写真7

台湾の人達にいっぱい助けてもらった。

優しい人がいっぱいやった!

何回も、違う顔のレオに会った気がした。

写真8

謝謝。
ありがと。
台湾。

写真9

 

Samiの目のコーナー 復活。 への1件のコメント

  1. EdelSasayuri より:

    はよ帰って来い。ゆたかおじさんより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です